FC2ブログ
宮坂・経堂・赤堤 地区で地域活動する仲間のネットワーク
短歌と写真展 10月の展示
福島の方が撮った 福島県双葉郡の写真 と 故郷福島を想う 短歌 の展示です。
小さなスペースの展示ですが、福島に寄せる想いが伝わってきます。


10月15日(月)から10月31日(水)
上馬塩田ふれあいの家 (上馬2-17-13) にて展示

上馬塩田ふれあいの家  賑やかな三軒茶屋の中にあって
  隣に緑地を控えた のどかな家


★ なお、「ふれあいの家」の会館時間は、日によって異なります。
  見学の方は、下記に問合せてからお願いします。
  問合先 世田谷地域社協事務所 電話03-3419-2311
  
スポンサーサイト



合言葉は 減災
10月12日(金)
世田谷区の災害対策、区民としての災害対策について
区から世田谷全住戸に配布された「災害時区民行動マニュアル(マップ版)」や資料を見ながら学習しました。

昨年の東日本大震災以降、公的機関においても区民個人においても
防災意識に変化がおきているそうで、区への防災についてのお問い合わせも増えたそうです。

世田谷区の防災対策については『地域防災計画』という計画書が作成されており
想定される災害の規模・対応するための体制・避難所・備蓄など
様々な事が予め決められていて
区のHPから計画書が見られるようになっています⇒ 『地域防災計画』

とは言え、 実際に大規模な震災が来たら??

全部役所がやってくれる なんて思っていてはダメ
計画通りに全てが上手く進むなんてありえない事は 東日本大震災で判りましたよね。

基本は個人・ご近所単位で いかに災害を減らせるか 減災 を考えておくことが 何より大切   

まず、自分の家の中で生き残る。(何かに押しつぶされない。ぶつからない。)
次に、被害を広げない。(火事をださない。)  近所と情報を交換する。 などなど・・・。

避難所に行ってもいいのは 基本、家に住めなくなった人だけ。

自宅ではない場所で被災したら? 公の支援情報の集め方は? 自分は人の為に何かできる?
それぞれに 常日頃から 具体的に考えておくこと
ご近所さんと顔見知りになっておく事は とても とても大切だと 改めて考えた日でした。

私たちのこと

SAN

Author:SAN
    /せたがや地域共生ネットワーク
人と出会って・つながって
ひとつひとつの活動はささやかですが
私達のまちと暮らしが豊かになるよう
活動するグループの集まりです。
新たな仲間と繋がるために
ブログはじめました!
連絡先*san_2010_g@yahoo.co.jp

最新記事
ひらいて・つながる
月別記事
カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク
検索フォーム